アコム即日審査ガイド

アコムの審査に通過するためのポイントとは?

アコムの審査に通過するためのポイントには、「収入があること」「過去に事故歴がないこと」「他社の借入れが多すぎないこと」の3つがあります。
専業主婦や無職などの収入がない場合は申込みができませんが、事故歴や他社からの借入れについては、「程度の問題」と考えることができます。
債務整理をして間もない人や、総量規制による基準を超える借入れをしている場合は、アコム以外のサービスのが必要になります。

 

アコムのカードの審査というと緊張するかもしれませんが、「審査に通りにくい」という要素が少なければ、思い切って申込んでみることも大切です。
上にあげた3つのポイントについて紹介しますので、審査前の不安解消にお役立て下さい。

 

アコムの審査に通過するには、"収入"が必要!

アコムの申込み条件は、「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」とあります。
安定した収入が「毎月いくら程度なのか?」と不安になりますが、アルバイトやパートでも安心して申し込むよう説明されていますので、仕事をしている人なら申込んでみても良いのではないかと考えられます。
また、個人事業主や会社経営者の方でも、保証人や担保を必要とせず、申込みが可能となっています。

 

過去の事故歴をチェック!

過去に債務整理をしたことがある人、あるいは、頻繁に滞納を繰り返している方は、アコムの審査が厳しくなると考えられます。
アコムの審査では、CICやJICCなどの信用情報機関のデータを参照しますので、不安のある方は、自分の個人情報を取り寄せてから申込むこともできます。
しかし、過去に1、2度の滞納があっただけ、という場合なら、あまり気にせずに申込んでみても良いでしょう。

 

他社の借入れが多すぎるのはNG!

最後に、他のキャッシングを多く利用している人は、総量規制によって貸付限度額が制限される可能性があります。
法律では、「個人の年収の3分の1まで」の貸し付けしか認められていませんので、年収の3分の1を超えそうなときは注意が必用です。
明らかに基準を超えているときは、総量規制の適用のない銀行によるキャッシングを利用するなど、他社への変更なども検討するようにしてください。

 

 

このように、アコムの審査を無事に通過するには、「収入があること」「過去に事故歴がないこと」「他社の借入れが多すぎないこと」の3つがポイントになります。
誰もが申込みに不安を感じてしまうものですが、アコムの公式サイトの情報を参考にし、思い切って申込んでみることも必要ではないでしょうか。

アコムの審査通過の3つのポイントについて
アコムのキャッシングを利用するには、申込みをしてアコムカードを作る必要があります。そして、カード発行に際して、簡単な審査がありますので、事前に準備しておくと安心です。
ここでは、アコムの審査に通過するための「3つのポイント」について確認したいと思います。<過去に債務整理をしたことがある場合は?>アコムの申込みに不安を感じている人の中に、「過去に債務整理をしたことがある」という人がいます。債務整理は、返済が困難になった借金を返済できるプランに変更する手続きのことで、任意整理や特定調停のことを指します。この債務整理をすると、自己破産の場合で7年間、他の手続きの場合で5年間ほど、信用情報機関に記録が残りますので、その間はカード発行が難しくなります。過去に債務整理をしたことがある人は、その記録が残っているかどうかを確認してから申込むようにしてください。<アコムに対して過払い金の請求をした場合は?>過去にアコムに対して過払い金の返還請求をしたことがある場合、ローンカードの発行は困難であると考えられます。通常、弁護士や認定司法書士が介入して返還請求がされますが、「法廷で争ったことがある関係」とみなされ、契約が難しくなるからです。そのため、アコムに過払い請求をしたことがある人は、イオン銀行カードローンやレイクなど、アコム以外のサービスに申し込むようにしてください。<安定した収入があるか?>アコムの申込みができるのは、「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方」とされています。そのため、学生や主婦であっても問題なく申込めますが、「アルバイト収入などがあること」が条件になります。もし、専業主婦など、自分名義の収入がないというのであれば、バンクイックなど、配偶者貸付制度を認めるキャッシングを選ぶようにしないといけません。専業主婦だからといってキャッシングできないわけではありませんので、最後まであきらめないようにしましょう。アコム審査