アコムとバンクイックの比較

アコムとバンクイックとの決定的な違いって何?

アコムと同様に人気の高いキャッシングに「バンクイック」があります。
バンクイックは、三菱東京UFJ銀行が提供するサービスで、バンクイックの保証会社がアコムとなっているなど、アコムとバンクイックは近い関係にあるといえます。
皆さんの中にも「バンクイックとアコム、どちらが良いのだろう?」と迷っている人もいるはずです。

 

ここでは、バンクイックとアコムの違いについて、「法の適用範囲の違い」「金利の違い」「ATM手数料の違い」を中心に説明します。
アコムとバンクイックとで悩まれている場合は、参考にしてください。

 

法の適用範囲の違いについて

アコムとバンクイックの大きな違いは、バンクイックに"貸金業法"の適用がないことです。
バンクイックは銀行が運営するキャッシングサービスですので、総量規制が適用されません。
総量規制がかからないことで、バンクイックなら、専業主婦や学生など、本人に現金収入がない方についても申込みが可能になります。

 

金利の違いについて

アコムとバンクイックの違いは、総量規制だけではなく、設定されている利率についても異なります。
アコムが年率4.7%〜18%であるのに対し、バンクイックのそれは4.6%〜14.6%となっています。
つまり、バンクイックの申込みが通れば、アコムよりも経済的にキャッシングができることになります。

 

ATM手数料の違い

さらに、セブンイレブンなどのコンビニATMの利用手数料についても違いがあります。
アコムは法的な制約があり、手数料を受け取らなければならず、ATM手数料(105円・210円)が利用するたびに徴収されます。
しかし、バンクイックの場合は、ATM手数料がすべて無料で借入れ・返済できるのです。
このように、金利だけでなく、ATM手数料についてもバンクイックの方に魅力があることが分かります。

 

ここまで書くと、バンクイックの方により大きな魅力があるように感じますが、キャッシングのローンカードは、経済的な魅力だけで比較することはできません。
金利や手数料などで魅力が大きいことは、業者が受け取る利幅が少ないことを意味し、それは、審査基準の厳しさで利用者を限定していることを意味します。
バンクイックに申込み、無事に審査に通過すればいいのですが、自信がないという方は、アコムを選択することもできます。
両社の公式サイトの説明を比較し、自分に合ったサービスを選択するようにしましょう。

アコムとバンクイックとの決定的な違いって何?関連ページ

アコムで申し込んだら親にバレなかった理由とは?
アコムで借入して親にバレないか不安な方はこちらを今すぐ確認して不安を解消してください。
アコムの金利は他社と比較してどうなの?
アコムと他社の金利を比較してみて、実際にどっちがお得なのか調べてみました。
アコムなら外国人でも借入できますか?
アコムなら外国人でも借り入れできるのか不安な方はこちらをご確認ください。
アコムのむじんくん審査時間はどの程度でしょうか?
アコムの自動窓口むじんくんで審査した場合、どれぐらいの時間がかかるのか検証してみました。お急ぎの方はまずはコチラをチェックしておきましょう。
アコムではいくら借りれるのか?あなたの限度額について!
アコムの審査に通過するためのポイントとは?